にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

ひまわり日記

嘘のようなホントの話。なんちゃって医学部志望者をぶっ叩き、頑張る受験生を応援するブログです。

【雑談】医大生の夏休み

どうも、暇な医大生です。




受験生は夢の(?)大学生に向けて、日々奮闘されていることと思います。合格に向けて必死に勉強し、その努力が実るようにお祈りしております。





さて、そんな大学生の夏休みについてお話しようかなぁと思います。国公立の医学部はですね、とにかく暇です。私の場合はバイト三昧なので暇ではないのですが。





部活なんかに入ってる人は、西医体や東医体があると思いますので、最初の方はちょっと忙しいのですが、それが終わるとオフ期間です。部活なんかにもよると思うんですけど、だいたい1ヶ月くらいですかね。





このわたくし、暇な医大生は部活は1回生の夏にやめました。とにかく人間関係が狭くて、しょーもなかったのでやめました。おそらく医学科に進まれた方はほとんどの人が部活に所属すると思います。





医学部は医学部専用の別の部活があって、運動系はなかなかハードです。週に3回練習があって1回試合があるとかでしたね。あんなの、やってられるか!普通の世間一般の「大学生」がしたい場合は部活なんて入らないほうがいいです。





人間関係の構築に不安があるなら、入ったらいいと思いますけど、大学生にまでなって「友達欲しい!」なんて思いますかね。人間関係ってのは、自然淘汰されていきますので、わざわざ友達を作るために入るのはナンセンスだと思いますねぇ。





何が言いたいかというと、私立文系学生のような学生生活は待ってないってことです。国公立医学部には。むちゃくちゃ狭いコミュニティで、部活に明け暮れる高校生のような感じです。





医学部がどんな感じかって、結構受験生のみなさんもっと詳しく気になったりするんですかね?また気が向いたら書きたいと思います。





ー数Ⅲテキスト作成の進捗についてー

予習テキストの方を作成しております。
明日までに積分(数式編)⑤の予習テキストを作ります。
予習テキストの完成を急ぎたいと思います。
購入してくださってる方はよろしくお願いします。





↓ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村




【雑談】マーク模試が終わって

どうも、暇な医大生です。




河合塾の全統マーク模試が終わりましたね。皆さん、出来はどうだったでしょうか。4月~6月の頑張りが評価されるような模試だったらなぁ……と思います。





まずは今回、悪かった人達に一喝いれておきましょう。「たまたま悪かった」では済まされませんよ。センター試験は1回こっきりです。君たちの場合は、本当にラストセンターなんですよ。言い訳はできません。






自分の非力さやアホ加減がよく分かりましたか?まずはココからスタートさせないと意味がないんです。君たちに失うものなんてありますかね。そんな大層なもの積み重ねてきてないでしょう?






まずは、できない自分を認めてからです。そこからのスタートですからね。出来なかった人はホントに猛省しましょう。落胆はしなくてもいいです。良かったじゃないですか。本番じゃなくて。






国公立医学部志望者に向けて、パーセンテージ向けの叱責をしたいと思います。自分の点数と照らし合わせてみてくだい。





○70パーセント未満

もう、絶望的ですね。シンプルに基礎力がない。今年中の国公立医学部合格は非常に厳しいですね。え?「私は諦めない!限界なんてない!人の努力を笑うな!」ですか?いやいや、70パーセント未満の点数で「努力」という言葉を使わないで頂きたい。





限界はないとは思いますが、現実は避けられない事実として目の前に存在します。私は君たちに諦めろと言ってるのではありません。統計学的に不可能ということです。来年頑張って受かりましょう。





○70~75パーセント

君たちも相当危ないです。今年中の合格はほぼ不可能に近いと思った方がいいです。現実逃避はしないようにしましょう。下を見ないようにしましょう。




文系科目が悪くてこの点数なのか、理系科目が悪くてこの点数なのかは、分かりませんがどちらにせよ、非常に重症であることに変わりありません。医学部受験において、文系科目が悪いのは致命的です。





基本的に医学部は、文系科目の配点が高い大学が多いです。そこで、文系科目の点数が不安定だと、センター試験がギャンブルと化してしまいます。この手のタイプは、だいたい国語で大惨事を起こします。





理系科目が悪いのも、非常に致命的です。というのも、センターレベルが解けなくて二次試験を突破できるのか……という根本的な問題です。あと数ヶ月で闘える力を養成しなければなりません。





いい先生に教えてもらってれば、後者の方が個人的には結構有利な気がしますが、どんぐりの背比べです。むちゃくちゃ勉強するのは大前提ですね。自分がどちらのタイプなのかしっかりと見極めて対策しましょう。





○75~80パーセント

君たちも、70パーセント~75パーセントの子達と大差ありません。たまたまちょっと点数が高かっただけです。ぬか喜びしないでくださいね。





ハッキリ言って、80パーセントも超えないなんてのは、基礎が仕上がってない証拠です。「コケたわ〜」じゃないですよ。元々コケてるんです。





基礎力があれば、絶対に80パーセントを切ることは有り得ませんから。逆にどうやったら切るのか教えて欲しいです。シンプルに基礎力がないんですよ。土台形成をしっかりしてください。





○80~85パーセント


よーやく、スタートラインにたちましたね。ここからが本当の医学部受験の始まりです。君たちは90パーセント突破という壁をこれから超えなければなりません。





「いやぁ……、時間が足りなくて」じゃなくて、「時間がたりるように訓練する時間が足りなかった」と言えるようになりましょうね。





ここでも文系科目が弱いのか、理系科目が弱いのかしっかりと見極めてください。恐らく、文系科目で点数を落としてる人がほとんどだと思います。二次試験の理数の勉強をしながら、文系科目の勉強もきっちりとしてください。





本番までまだ、時間あるわぁ〜とか思ってたらダメですよ。一瞬でセンター試験本番はやってきますからね。今回の模試で、自分はどの科目が苦手なのかしっかりと判断しましょう。そして、その科目は徹底的に勉強してください。





毎日30分くらい触ればいいかぁ〜って思ってるような人間の点数が上がるとは私には思えませんよ。英語や国語はセンター試験の過去問をしっかりと勉強してください。社会は、地理選択なので、地理以外のアドバイスが出来ないので省略。






○85~90パーセント

君たちは、過去問研究が足りない!
ミスが目立つ!
丁寧に解け!
時間を意識して普段から学習しろ!





以上です。君たちレベルの子達は自分の力で乗り越えられるでしょう?そうじゃないと、二次試験なんて乗り越えられませんよ。頑張ってください。




○90パーセント以上


よく頑張りました。自惚れることなく、このまま頑張っていきましょう。





↓ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村




【雑談】休憩について。

どうも、暇な医大生です。




受験勉強をしていると(したくもない科目をしていると)、やっぱり集中力が切れてきます。人間の集中力ってだいたい2時間もったらいい方です。普通に30分で切れる時もありますし。





どうでもいいかもしれませんが、個人的な休憩のアドバイスというか所見をつらつらと書いて行こうかなぁと思います。どうでもいい話かもしれませんが。





まず、友達と話す。これはね、むちゃくちゃリフレッシュというか、楽しいですよね。あっという間に1時間とか過ぎちゃいますし。未来が不安な受験生は、友達と話すことでメンタルがケアされる人もたくさんいます。





でも、結構話し込んでしまって、時間を浪費してしまうことが多いと思います。大した内容を話してるわけじゃないでしょう?勉強でしか消せない不安を、雑談で消すのはちょっと勿体ない。





友達と話すな!とは言いませんよ。やっぱり友達は大切だとは思いますし。でも、切磋琢磨できるような友達が大事であって、お互いに傷を舐め合うような存在など切り捨てる方が利口です。





個人的に、帰る時は友達と帰ったらいいと思うんですよね。帰る時くらい話をしたらいいと思います。よく、電車の中で勉強してる人たちいましたけど、朝から集中して勉強してたら、夜の電車ではもうエネルギーは残ってないハズなんですよね。





意外にも人とのコミュニケーションはストレス解消に最も効果的な手段でもあります。(人が原因でストレスが溜まることもたくさんありますが。)適度な距離感で、自分の勉強時間を削られないようにしましょう。






次に、スマホをいじる。これもやめた方がいいです。Twitterを開くなんてのも論外っすね。スマホは電源オフにしておくのが絶対いいですよ。集中力落ちるので。見出すと止まらないのがスマホですから。






私がよくやってたのは、とりあえず机から離れることです。座ったままでは、少し疲れるので歩いたりしてました。そして、自販機に行き、オロナミンCをグイっと飲む。これで、スイッチが入ります。(モンスターとかレッドブル飲みながら勉強してる奴はなんか嫌い)






あと、音楽を聴いたりとか。お菓子を食べたりとか。なんでもいいと思います。とにかく15分程度で出来ることをリフレッシュに使えばいいと思いますね。





なんで、こんな話したかというと、受験生のくせにぺちゃくちゃといつまでも話していたり、スマホいじってる輩が多すぎるからですよ。





↓ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村




【雑談】明日はマーク模試ですね。

どうも、暇な医大生です。





受験生の夏は、8月で終わりますよね。大学生になればほとんどの国公立大学は9月まで夏休みのハズです。みなさん、頑張ってください。





さてさて、明日は河合塾の第2回全統マーク模試ですね。私は河合塾のマーク模試はあまり思い出に残っていません。せっかくなので、マーク模試の思い出でもつらつらと書いていこうかなぁと思いまして。






もう、マーク模試といえばとにかくしんどいですよね。理系は、文系より朝の余裕があるんですけど、理科の時間になって、帰宅する文系の人達を見て「いいなぁ〜」って思ったことが何度あるか。






とにかく、1日かけて全ての科目をやるんで、恐ろしく体力を消耗します。予備校側も2日間に分けるとかして欲しいですよ。東大模試だけそんなことして。1日かけて色塗りするの疲れますよ。





センター本番はそんなことないですよ。比較的時間がユルいです。もちろん、試験本番はカツカツに感じます。2日間に分けて行うと、こんなにもメンタルの面で楽になるのかぁ〜って感じです。(本番になればわかると思います)





それに、マーク模試は解いてすぐに成績が返却されるじゃないですか。現実に引き戻されますよね。終わったぁ〜って気持ちよりも、やばい9割ないやん……ってなりますよね。





基礎力がない人は、センター模試は非常に重要な役割になってきますので、頑張ってください。一応、9割取れるような人たちも真剣には受けましょうね。めんどくさいかもしれませんが。





国公立医学部志望なら、この地点で80パーセント確保できないと非常に厳しい闘いになってくると思います。メンタル的に落ち着いて、勉強できるようにも確保しておきたいです。





点数以上に、メンタルのほうがこれからの時期は大切になってきますから。精神衛生上よくないのは、出来たら避けたいところです。まぁ、4月~7月を真面目に勉強してきた人達は結果が出ると思います。心配しなくて大丈夫です。






個人的なマーク模試の思い出はですね。いろいろあるんですけど、当時の友人で世界史選択の文系のヤツがいたんですよ。東進で世界史の授業もとってたのに(1年生の頃から)
高3の最初のマーク模試で、点数が38点のヤツがいましてね。






2年間のマーク模試、ずーっと30点台なんっすよね。世界史って、所詮は暗記ですよね?私も世界史Bをイスラームくらいまでやりましたけど。そんな難しくなかった気がしますが。カタカナがウザすぎましたが。






完全にロトシックス状態だったので、何度もイジリましたね。38度線やん。って。厳しい闘いしてるねぇ。って。なかなか嫌味なヤツだったので。まぁ、そんな点数取ってたらいじってくださいって言ってるようなものですよ。






そいつは、高校入試後の学内テストで7位とかだったんですけど、センター試験は7割程度。よく分からない公立大学に進学しました。ちなみに、私の高校を7位で卒業するような人は本来なら、東大理IIIか京大医学部レベルなんですけどね。文系なら東大文Ⅰですわ。





なんの話がしたいかって、机の上に座って授業聞いてるだけじゃ成績伸びないよってことです。かと言って授業を受けないと伸びにくいんですけど。





とりあえず、頑張ってくださいね。






↓ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村




【雑談】方法論より大切なこと。

どうも、暇な医大生です。





今も昔も(?)、様々な勉強方法がいろーんな人たちに発信されてます。私が受験生の頃より、YouTuberという存在が受験生にとって馴染みがありますから、より情報が様々な受験生に拡散しやすい状況になっているのではないでしょうか。





私の書いてるこのブログは、そんなYouTuberの方々よりも閲覧数も少ないです。このブログにたどり着いてるような人達は、おそらくですが、自分の勉強方法もそうですし、自分の将来に不安を抱えているんじゃないかなと思います。




個人的にはですね。どういう受験生をファン(?)というか読者層につけたかったというと、頑張ってる受験生なんです。この「頑張ってる」っていうのが非常に難しいんですよ。定義が。





少なくともですね、「私、頑張ってます」とか言う受験生は私のブログ読まなくていいです。読んで欲しくもない。そんな向上心の欠けらも無い受験生に合格という栄光のある未来は待ってないです。さようなら。お疲れ様です。





とにかく勉強はしてるけど、今の自分の方法でいいのかなぁ……とかそういう受験生でもないです。足元をしっかりと固めて自分を持っている受験生。なんです。





意味が伝わりますかね。そんな受験生のストレスを私が除去してあげたいんです。どんな形で除去できるかは人それぞれだと思います。私の毒が薬になっている人もいると思います。勉強してる人からしたら、Twitterで勉強垢なんて作って、勉強時間を晒して、参考書の写真上げてるような受験勉強を記念にしてるような連中むちゃくちゃムカつきますよね。





教育系YouTuberのコメント欄にうじゃうじゃいる、理想の勉強方法とか効率のいい学習とか、どの参考書がいいだのくっだら無い議論してるヤツらとか腹立ちますよね。私が受験生だったら、「こいつらキモ」ってなりますよ。ま、相手にもしないと思いますが。時間の無駄なので。





くっだらねぇ質問してる暇あったら、足元を固めろ。頭は柔軟にして、足元を固めるんです。情報に左右されないように。





受験は残念ながら情報戦です。





今の時代は、情報があまりにも多すぎるので選ぶ能力よりも、要らない情報を捨てる能力の方が大事です。もっと言うと、懐疑主義的でないといけません。よく、「素直な子の方が伸びる」とか言いますよね。






ある程度の真理は含まれてるんですけど、これは教育側が自分の指導法を遵守させやすいように作った造語にすぎないんですよ。





バカ素直はダメですよ。当たり前でしょ。言われたことしか出来ないってどうなんですかね。先生にこう言われたから。教科書にこう書いてあるから。こういう子は大概、どこかで大きな壁にぶち当たります。(特に難関大受験の場合)




もし、情報に対して素直に従う場合、その情報が間違ってる場合はどうするんでしょう。って話なんです。みなさんは、もっと懐疑的になってください。私のブログ内容もです。まずは、疑ってください。そして、吟味してこれは良さそうだと思ったら「素直に」受け入れましょう。





ほんとに大切な素直さってのは、この柔軟さなんですよ。これは、ほんとに正しいのかな?って常に考えて欲しいとは言わないですけど、3回に1回は考えて欲しい。そうやって癖つけてる人は普段の勉強でも、必ず役に立ちます。





たとえば、数学なんかでも「なんでこんなふうに解くんだろう」って考えた人と「この解き方を暗記しておこう」の人では、1年とか2年経つとすごい差が生まれるんですよ。







「なんで、この問題はsin、cosを使うんだろう」と考える人は「そもそもの定義は?」「なんで、sinとかcosの考え方ってうまれたの?」「どういうメリットがあるの?」とか考えられるようになるんです。皆さんも考えて欲しい。






なんで、sinとかcosとかって使うんですかね。
どんなメリットがあって、先人達が発見したんでしょう。(ここまでの考え方を含めて教えてくれる予備校講師はほんとに少ない)なんとなーく使ってる人とわかってる人では全然違うと思いますがね。





何が言いたいかというと、足元を固めて欲しい。常識を疑ってかかってほしい。方法論云々より、まずは行動して欲しい。断固たる決意をして欲しい。





偏差値が〇〇up!
効率の良い勉強方法!
私が英語の偏差値を30上げた奇跡の勉強法
E判定からの逆転合格




どうでもいい。しょーもない。ゴミ同然





最短距離を求めて楽しようとしてるような連中は、断固たる決意をした人間に勝てません。受かるためにはどんな犠牲を払う覚悟ができてる人を前にすると、それらの類のものはゴミにしか映りません。






ようは、あなたに断固たる決意があるかどうか。
第1志望に行くためなら、なんだってしますか?
その覚悟、あなた本当にありますか?





じゃあ、私のように携帯解約して、学校の休み時間もずーっと勉強できます?そこの低偏差値のあなた。あなたの覚悟ってそんなものなんですかね。一生、夢を見たままでいいんですかね。まぁ、私はいいですよ。あなたの人生なので。





ま、閲覧数減ったら悲しいから個人的には、携帯解約して欲しくないんですけど。(怒らないでください)
方法論より、すでに行動している受験生。そんな人達がふと、不安になったとき、ストレスを抱えているとき、疑問に思ったことがあるとき。そんな時に何か役に立てるようなそうなブログにしたいんですよね。






覚悟がある受験生諸君は、今日も同じことを言います。8月が残り20日弱しかありません。7月の初めは「あと2ヶ月もあるのか〜。なんか変われる気がする」とか思ってましたよね。人はそう簡単に変われません。断固たる決意を持って勉強してください。





比較的時間が取れる時期はココがほぼ最後になりますので、弱点科目を絶対に潰しておきましょう。私は数学6時間、化学3時間とかいう非常に傾いた配分で勉強してましたが、それが非常に良かったとあとから実感しております。




全ての科目を満遍なく……こんなものは教える側の理想論です。こんな夢見心地のヤツらの意見なんて信じたらダメですよ。とにかく苦手分野を潰しましょう。1日かけてもいいです。1週間、天然合成化合物をやってもいいです。2週間、ずーっと数Ⅲの積分をやってもいいです。





とにかく、苦手分野を無くしておきましょう。それにより、君たちの偏差値は5くらいは上がるハズです。(現実的な話)あと少し、半年です。長いようで短いので駆け抜けていきましょう。





数学Ⅲは、是非とも私のオリジナルテキストで対策して欲しい!(一応、宣伝しておきます。)




↓ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村




【雑談】学歴は信頼。

どうも、暇な医大生です。





茂木健一郎って、理学部と法学部を卒業なんですね。脳の研究してて東大卒ってもんだから、理科Ⅲ類出身かと思ってました。これは失礼致しました。東大理科Ⅲ類の皆様。ほんとに申し訳ありません。あと、コメント指摘ありがとうございます。感謝。





さてさて、最近、低学歴YouTuberや低学歴経営者による塾の被害者たちがなかなか多いようですね。しかしまぁ、騙される方が悪いですからね。頭使って考えてくださいよ。




医学科受かってない人間に医学部受験のアドバイスをしてもらうなんて、どれだけナンセンスな話でしょうか。いや、別にいいんですけどね。本人の自由なんで。あとから痛い目見ればいいんですよ。





私はそんなおバカさん達を相手にしている暇はありません。数少ないまとまな受験生の偏差値を上げることの方が先決です。情報の扱いが上手くできない人間が数学の問題の情報整理ができますか。(できません)





ザビエルとかいう低学歴YouTuberどう思いますか?って最近質問されるんですけど……




低学歴なのにすごいなぁ〜




くらいです。私だったら恥ずかしくてあんなことできません。私、趣味でトラックメイク(音楽を作ること)してるんですけど、YouTuberになってあんなふうに発信出来るかなぁーって考えたら無理無理。




本職の人たちには敵いませんもん。わたし、絶対音感もないですし。曲の知識は常人よりかはあるかもしれないですけど。(センスもあると思いたいんですけど)




まぁ、この辺の話は芸術作品の話になってくるので聞き手によって評価が変わってくるじゃないですか。だから、なんとかなると思うんですけど、受験業界って学歴の世界だと思うんですよね。





学歴を手に入れようとしている受験生が集まって闘っている世界じゃないですか。自分より低い勲章の人間に戦い方を教わりたいか?いやいや、絶対教わりたくないですよ。




予備校業界でも、やっぱり講師の学歴は生徒が結構気にするところだと思います。なかには、低学歴でも数学がむちゃくちゃ出来るとか、むちゃくちゃ分かりやすいとか実践的に役に立つ情報(勉強そのもの)を教えてくれるいい先生もいますけど。





勉強方法とか、そういう話って低学歴の人間が話すのってどうなんですか。数学が出来るわけでも物理ができるわけでもないのに。何を偉そうに語ってんだ。方法論なんて、誰でも語ろうと思えば語れるんですよ。





ようは、それを実際に自分がやってきたことがあるのか。自分という人間が体現してきたのか。賢い人はそういう人についてくると思います。(そう思いたい)





私のブログを読んでくれてる人はそういう人達に引っかからないように気をつけて欲しいです。なんで、こんな記事を書いたかというと、質問が多すぎたのと、今はなかなか受験生のメンタルが不安定な時期だからです。





目先の偏差値や模試に目がいきすぎて、今のままでいいのか不安になっている人もいると思います。不安な時こそ、足元をしっかりとかためましょう。基礎基本。方法論云々よりも、集中して1日1日を大切にすることです。





低学歴YouTuberや、訳の分からない武田塾チャンネルとかいう類の情報を見てしまうのは、自分に自信がないからでしょう?足元が緩いから自信がないんですよ。大丈夫です。見てない貴方達は大丈夫です。





周りに変な意識がいかないようにしましょう。勉強の基本は、考えること。出来ないことを出来るようにすること。楽しむこと。です。





そして、受験の基本は、逃げない、負けない、諦めないことです。





8月も終わりがどんどん近付いています。最後まで気を抜かないように。頑張りましょう。






↓ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村




【雑談】表現の自由とは。

どうも、暇な医大生です。




最近ブログの更新が遅れて申し訳ありません。
できる限り毎日更新しようとしてるんですが……。
受験の記事ばかりでは面白くないので、ちょっと時事ネタについて書きたいと思います。





一部の人には不快に感じることもあるかもしれません。これは、あくまでも個人の意見です。それを忘れないで読んでいってください。








皆さんは知ってますかね。茂木健一郎。東大理科三類という日本でも最高峰に位置する学部を卒業しておきながら、ついに老害と化けてしまいましたね。残念です。






もちろん、彼がこのようなツイートをするのはなんの問題もありません。それこそ、憲法により表現の自由が保証されているからです。しかしですね、この平和の(?)少女像が日本の税金によって、日本で公開されるのは疑問を感じずにはいられません。






そもそも、この像は慰安婦を象徴するものとして扱われてますけど、この女の人のモデルは2002年にアメリカ軍の装甲車に轢かれて亡くなった女性がモデルです。慰安婦ではありません。






そして、慰安婦という存在自体が真実であったかも非常に怪しいです。コロコロと変わる自称慰安婦達の証言。規律正しかった日本兵がそのようなことをするのか?という考えも私自身拭いきれません。






実際に慰安婦の割合は日本人の方が多かったようですし、朝鮮人は全て志願してきた人達だったそうじゃないですか。これは私は実際に見たわけではありませんが、朝鮮という売春の歴史がある国を考慮しても、無理矢理連れていったようには思えないんです。





この辺の話は、私より詳しい人達が解説した本などを読んで勉強してもらえればいいと思います。日本史の教科書に書かれた内容は、果たして本当なのでしょうか?受験生のみなさん。常識だと思われていることを疑ってみてください。






どちらが真実かどうか……よりも、そのような視点もあると認識するところが大事なのです。この平和の少女像というモノもそうです。日本と全く関係ないものを、慰安婦と結びつけてこのような像を設置して、「慰安婦問題」と南朝鮮人はガヤガヤと言っているのです。





メディアは取り上げているのです。このような展覧会に展示されているのです。何が問題か分かりますか?表現の自由というのは、他者を傷つけるために保証されているものではありません。





この少女像は、反日の象徴として展示されているのです。私は非常に不快です。ほとんどのマトモな日本人が不快だと思います。慰安婦という存在が怪しい状況にも関わらず、日本において、日本の税金で、攻撃的なメッセージを含んだ妄想を展示しているのです。





茂木健一郎ともあろう人間がここまで歴史について、浅はかとは思ってもいませんでした。たとえそれが、専門外であれ。脳の研究をしているのに、脳の使い方を忘れてしまった老害になってしまったのでしょうか。





イベント主催者の津田大介は次のように言っています。




「これを最低と発言する権利など、保守層にはないからな」



鑑賞者の表現の自由を奪う人間に、表現の不自由さを語る資格はあるのでしょうか。私はこの発言の権利は保証しますが、内容は保証できません。




茂木健一郎「ぼくは、日本が素敵な、尊敬される国であり続けることを心から願っているけれども、「少女像」のような作品に対して、国内の一部でしか通用しない論理を振りかざして撤去するよりも、現代の普遍的な感覚にのっとって平穏に展示を続ける国である方が、国際社会から尊敬と敬愛の対象になると確信する。」


この人は、他国へのリスペクトと媚びへつらうことを勘違いしているようです。あの像を芸術作品と呼べるのはなかなかすごいです。ピカソが描いたゲルニカとの違いはなんなんでしょう。





現代の普遍的な感覚ってなんですか?そんな抽象的な感覚でモノを語らないて欲しい。まあ、それも表現の自由によって保証されるんですけどね。自由って難しいですね。本当の自由ってなんですか?





表現の自由という言葉に足枷がついてしまっている、このコントラストは一体なんなんでしょうか。受験生の皆さんも、茂木健一郎老害かどうかより、自由とは何なんだろうという事について考えてみてください。





名誉毀損表現の自由って紙一重なんでしょうか。どうなんでしょうね。誹謗中傷が許されるのでしょうか。うーん、難しい!




↓ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村