にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

ひまわり日記

嘘のようなホントの話。なんちゃって医学部志望者をぶっ叩き、頑張る受験生を応援するブログです。

【雑談】医学部受験と多浪の闇ーPart2ー

どうも、暇な医大生です。





半年くらい前に書いたコチラの記事が思いのほか人気なようで。他にも書きましょうと思いました。まだコチラ↓をご覧になってない方はどうぞご覧下さい。これから医学部を目指す方にも、現在目指してる方にも必見の内容となっています。









成功した人よりも、失敗した人間から学ぶことは多いです。歴史を勉強するのもそのためです。自分の失敗から学ぶことが1番身に染みるのですが、出来れば自分が失敗するのではなく他人の失敗から学ぶ方が賢明でしょう。決して他人事ではありません。






「こんな奴がいるんだ!」と笑い飛ばしてもらっても全然構いませんが、明日は我が身です。もしかしたら数年後に同じ状況に陥ってるかもしれません。そして、暇な医大生にネタにされてるかもしれません。笑ってられるのも今のうちかもしれませんよぉ〜。医学部入試は落ちてからが長いですから。







今回は三浪の女の子。この子は中高一貫校出身です。全国的にも有名な女子高出身です。メチャメチャ地味な子で、恐らく遊んでた訳では無く、学生時代は単純に勉強をしてなかったのかなぁと思います。一浪目は代〇木ゼミナールでした。二浪目は河合塾。そして、三浪目にして私の勤務先の予備校に流れ着きました。







流れ着いた地点でのセンター試験の点数は630点ほど。三浪目でこの点数は、非常に厳しいです。本人は「国公立医学部以外は考えられない」と言ってきました。困りましたよね。そんなカスみたいな実力でそんなこと言われてもねぇ?私は、私立薬学部しか現実的には考えられないと言ってやりたかったです。






4月から眺めていると、非常によく勉強する子でした。授業を担当する訳ではありませんでしたが、1週間に1度くらいのペースで面談をする程度の交流はありました。答案はよく見ていました。答案の印象としては……



・最後まで計算し切れない(センターレベルでも)。というか、最後まで粘らない。ゴリ押しすることもなく放置。


・字が薄くて小さい(教授は読めないんじゃないか?)。というか、相手に伝えようという意思が感じられないような。


・暗記系は悪くは無い。(と言ってもよくはない)見たことない設定の問題が出ると真っ白。美しいまでの白。綺麗。ありがとう。採点が楽。





そして、自習中の印象としては……



・誰よりも早く来て、誰よりも残っている。(傍から見ると頑張ってるふうには見える)


・手を動かさず、眺めていることが多い。




といった感じだったでしょうか。私が授業を担当するようになったのは、10月頃。自称「プロ講師」の集団授業がカスすぎて崩壊したことから、私が尻拭い(毎度お決まり)する羽目に。そして、数学の授業を担当するようになりました。個別指導なので、彼女の一挙一動をよく観察できる立ち位置になったわけです。






まぁ、酷い状況でした。4月~9月までは青チャートのⅠ・A・Ⅱ・Bの例題を解説するだけ(というか、解答を前に書くだけ)の授業を受けてたワケですから。国公立医学部志望で、三浪目にしてそもそも数Ⅲがほとんどノータッチってのが有り得ないんですよね。普通。浪人が確定した地点で学習すべきは数Ⅲなんです。(この辺のお話はもう何度もしてますね。)






そんな授業を受けてたからか、それとも今までの習慣なのか、最後まで計算をするというクセがなかったんです。これは、数学学習においては非常に致命的です。解けなくて解説を見た後に、もう一度何も見ずに解けるかを確認してないわけですよ。






計算部分をメチャメチャ軽視してたわけです。多浪する子に多い特徴ですね。これは。ホントに多い。解説見て納得して次の問題に行って、2周目見た時にその問題解けると思ってるんですかね。お前にそんな脳ミソがあったら多浪してねぇよ。






これを永遠に繰り返すんでしょう。多浪は。解いて、解けない。解説見る。納得する。ここで終わりなんですよ。もう一度何も見ないで解き直す。最後まで計算する。って所が抜けてるんですよ。×印だけつけて、また解き直した時に解けなくて×印つけて、お前は何がしたいんや?頭悪すぎ。そら、多浪するわ。






自分が解ける問題ばかり解いてても意味ねぇんだよ。






まぁ、ここまではよくいる多浪生です。その辺にいます。もっと最悪だったのが、「分かってないのに分かってると思ってしまっている」という絶望的な状況です。






これは、なかなかやばい。特に時空を歪めすぎた人に多い。理由はシンプルで周りからのアドバイスをなかなか聞かなくなるんですよ。人間は、歳を取れば取るほど頑固になっていきますから。とにかく、その女の子は我が強すぎたんです。






やっぱり、ある程度素直な子の方が伸びます。自分の解き方よりもこっちのほうがいいや!と思うと多少難しくても、素直に受け入れることができるからです。そして、自分なりに解釈し、自分のモノにしてしまいます。






それと比較して、頑固な輩は「自分のやり方にメチャメチャ固執します」これは、自分のやり方では何故できないんだろう……と考えるということとは、別次元のお話で(むしろ、その思考はGood)自分の解き方が、やり方が1番だと信じて疑わないんですよね。プライドが高すぎるわけです。だから、センター70パーセントで「国公立医学部以外は考えられない」などと妄言を言うわけです。







さらに……ですよ。これだけじゃない。







「解けた?」と聞くと「解けました」と言うんで、「じゃあ見せて」って言うと「すいません、解けてません」とウソをつくんです。もう、プライドの高さがここまで来るとデデデ大王のハンマーでへし折ってやりたくなります。






こんなのその辺の小学生と同じですよ。





お母さん「宿題やったの?」


小学生「やったよ!」


お母さん「見して」


小学生「……」




レベルのお話ですよ。三浪もして、20を過ぎてそんなことをするなんて、そもそもスタート地点に立ててないんですよ。もう、受験やめろ。ってか、何しに来てるん。高いお金払って。時間も無駄。






ここまで来ると、もう数学的帰納法です。nの数字だけが大きくなってゆきます。諦めた方が貴方のためです。






暇な医大生は、本人を呼び出しその旨をハッキリと伝えました。それでも、「国公立医学部以外は考えられない」そうです。ここまで来ると病気だね。どっかの精神科で診てもらった方がいいですわ。






こういう子は予備校業界に意外にもたくさんいるんですよ。あなた達が知らないだけで。






しかし、このようなタイプの子でもごく稀に立ち直ることがあります。それは、周り(親とか)からのプレッシャーだったり、プライドがへし折られる瞬間が来た時です。なかなか来ないんですけどね。意識改革が起きない限り、合格は一生無理です。(断言します)三浪しても医学部にうからないのであれば、恐らくこの女の子と同じパターンである確率は非常に高いです。







文句がある多浪生は、暇な医大生が直接話してあげてもいいですよ。そのゴミみたいなプライドをへし折ってあげますよ。ま、そんな度胸も覚悟もないでしょうけど。一生やっててください。







↓ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村




【雑談】オススメバイトー番外編ー

どうも、暇な医大生です。





いまスタバにいます。スタバで勉強しようと思ったのですがブログの更新するかぁと思って、スマホをポチポチしてます。フラペチーノ飲みすぎて糖尿病にならないか心配です。というか、スタバの店員さんって可愛い子多いっすよね。目の保養になるわ。






ってことで、前回をご覧になってない方はコチラ↓からご覧下さいな。あ、広告ポチってくれてる人ホントにありがとうございます。アフィリエイトはなんだかwin-winの関係じゃないような気がするんですよね。ホントにオススメ出来るやつをアフィリエイトでやるぶんにはいいと思うんですけど、そうじゃない連中ばかりじゃないですか。







誤解されないためにも……。とか言うのは建前で、あれなんっすよ。ブログが過激すぎて承認外されちゃったんっすよね。(笑)まぁ、それだったら過激なままで行ってやろうというお話ですよ。コイツおもろいなとか、役に立ったなとか思ったら広告だけポチってしてくれると嬉しいです。







さて、本題にはいっていきます。オススメバイトの番外編ですね。まずは、どちらから話していきましょうか。では、バーテンダーの方から書いていきましょう。






バーテンダー
オススメ度★★★☆☆

お酒好きにはたまりません。お酒を覚えることもできますし、なんだか知りませんが大人の雰囲気が身につきます。これ、結構ホントなんっすよ。いや、私の勘違いですかね?でも、大人の雰囲気というかアダルティな感じになるんですよね。






周りにバーテンダーやってる人とかいません?結構、ミステリアスな感じで大人っぽく感じる人多いんじゃないでしょうか。お酒に嗜む人は、お酒を覚えるのになかなか苦労すると思います。カクテルが結構めんどいです。お酒の基本知識もしっかりと勉強しないといけません。(化学のお話)





そもそもお酒って、醸造酒、蒸留酒、混成酒の3つに分類されるんですよね。これ、化学の勉強した人はなかなか面白いと思うんで、是非とも自分で調べてみてください。お酒の種類って発酵過程によって大まかに分類されるんだということです。





とりあえず、バーテンダーになると否が応でもお酒に詳しくなります。そうすると、大してお酒に嗜んでないくせに酒好きと豪語する大学生連中とは一線を画せます。これは、マジです。同級生で焼酎を水割で飲みながら



「悪酔いするわぁ〜」



とワケの分からないことを言っていた奴がいるのですが、何も分かっていない。同じアルコール度数だと、蒸留酒(焼酎)よりも醸造酒(ビールとか日本酒)のほうが悪酔いしやすい(らしい)です。





まぁ、その辺の詳しいお話は皆さん自身で勉強してください。とにもかくにも、バーテンダーは多分、一般学生よりもバーに行く機会も多いです。そうすると、オシャレなバーなんか見つけます。女の子なんかそういうオシャレなバーに連れていくとコロッといってしまう子達ばかりです。(そんな女とは付き合いたくないよね)






全然関係ないですけど、ちょっと酔ったくらいで男にホイホイついていくような女なんて、ゴキブリホイホイで絡みとってやりたいくらいですよ。というか、安物すぎます。そんな、100円均一女に成り下がったら、商品価値の高い男は寄ってきてくれませんよ。せいぜい貧乏臭い低脳な連中ばかりです。






あと、女の子にお酒飲ませてお触りしようとする医学部の部活の先輩とかね。マジでダサすぎ。そんなに触りたいなら風俗行ってこいや。ってか、お酒で酔わせな触れへんってのが医学部クオリティ。なかなか気持ち悪い。マネージャーとかになろうと思ってる子は要注意やで。







バーテンダーの話に戻りますわね。時給はだいたい1000円くらい。でも、芸能人が通うようなとこは結構高いよ。1500円くらい。知識とか必要やから、初心者は無理かも。バーテンダーやる上での1番のメリットって、そーいうなんじゃないねんな。実は。






女の子持ち帰れるとかそんなんでもないし、モテそうとかそういうなんも多少はあるけど、やっぱり人脈が作れるってこと。ホンマにこれがでかい。






基本的にサラリーマンとかでも冴えない連中は、居酒屋で飲むやん。汚い飲み方してる連中やで。道路でギャーギャー喚いたりしとる連中や。でも、BARにはそういうアンポンタンは来ませんのや。基本的に中流~上流階級層が多いな。そういう人らと仲良くなって、人脈が増えるってのはメチャメチャいいし、何よりも話聞いてるとホンマに勉強になることが多かった。







お医者さんが来た場合は、医学部通ってるって言うたらメチャメチャ可愛がってくれるし、名刺くれたりもしはるし、お酒奢ってくれはるしな。メチャメチャ関西弁なってるな。ちょっと書き方変えてみた。(不評なら戻します)基本的に学生やと入れるんは金・土の晩しか無理やろうけど、なかなかオススメのバイトやで。



ホストクラブ
オススメ度★☆☆☆☆


次に、ホストのキッチンやな。これは中学の時の友達がホストやってて、そいつに誘われたから何回か行った短期バイトみたいなもんやで。基本的に食べ物出したりするのは、売れてないホスト(末端)の仕事やねんけど、最近新人ホストが飛ぶからキッチンで入って欲しい……時給は1500円って言われたから、快諾。






最近は、ホスト業界も人手不足で大変みたいで店着いたらオーナーに「君。ホストやらへんか?」って言われてな。いやいやいや。店からしたら、ホストが客やねんな。実は。女の子は客じゃないねん。これは1回働いたらわかると思うで。鵜飼みたいなもんやで。女の子呼ぶのもホストの仕事で、店の仕事じゃない。






それに、ホストなんてなったら勉強どころじゃなくなるしな。ババアの相手もせなあかんで。枕営業ってやつやな。やってるホストがほとんどらしいわ。それに、金銭感覚がおかしくなるで。やっぱり水商売ってすごいなって思った。暇な医大生がした仕事はフルーツ盛り付けたりお酒持っていったりするくらい。フルーツ盛り合わせなんて、その辺のスーパーで買ってきたやつ盛り付けるだけやで。あんなんに数万も払うなんて狂気の沙汰や……。







それ以外のときは、基本的にスマホいじってたな。ホストの人らも大変やなぁって思いながら見てたわ。大学生も結構多かったで。あと、イケメンやから売れるって訳でもないってのは、ホンマにそやったわ。1位の人はお世辞にもイケメンではなかった。でも、見ず知らずの暇な医大生にも低姿勢な挨拶してきはって、「あ、なるほどなぁ」って思ったな。






とりあえず、水商売はホンマにオススメしーひんで。あんなお酒の飲み方してたら肝臓潰れるし、一番の理由は金銭感覚がおかしくなる。それに売れんかったら罰金地獄。厳しい世界やで。







以上で、バイト経験の話は終わり。もっと詳しく書きたいこともあったけど、概論だけ書いときました。あんまタメになったか分からんへんけど、バイト選びはメチャメチャ重要。受験生は大学生なってから、変なバイトに引っかからんように気をつけてな。





俺もパトロン欲しいな……(パパ活同級生女を眺めて)





↓ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村




【雑談】オススメのバイトーPart3ー

どうも、暇な医大生です。





前回をご覧になってない方はコチラ↓からどうぞ。






ーお品書きー

①工事現場
②工場
③引越し屋
④ファミレスチェーン店
⑤新聞折り込み(配達ではない)
⑥コンビニ夜勤
⑦塾チューター(有名中学・高校受験塾)
⑧パチンコ屋
⑨予備校講師(小規模予備校)


ー番外編ー
ホストのキッチン
バーテンダー





質問は随時しっかりと答えていくのでお待ちください。待たせてしまってごめんなさい。前置きはなしで、早速見ていきましょう。いよいよオススメバイトの紹介も大詰めです。クライマックスです。





⑧パチンコ屋
オススメ度★★★★☆

お品書きを見て、皆さんが結構気になっていたであろう項目だろう。パチンコ屋と聞くとどんなイメージだろうか。医大生が働くような環境には思えないだろう。それに、パチンコに対するイメージが相当悪いように思う。






とにかくうるさいし、タバコ臭そうだし、店の遠隔操作もありそうだし、そもそも女性はギャンブルが大嫌いだろうし。入ったことない高校生も多いだろう。実際どうなのかというと……














精神病棟





もう、この一言に尽きる。むしろ、精神病棟の方がマシかもしれない。ギャンブル依存症で、頭のとち狂った連中しか来ない。ホントに想像を絶する連中ばかりなのだ……。おしぼりは床に捨てるわ。景品交換所で患者の対応してるのに、横から割り込んでくるわ。タバコの吸殻、床に捨てるわ。もうキリがない。






こんなクレームを言ってくる重症患者もいる。





ガ〇ジ「おい!店員!全然当たらねぇよ!!確率1/319じゃねぇか!」



暇医「319回の試行を繰り返したからと言って当たるわけではありません。例えばサイコロを6回投げて全ての目が出ないのと同じです。(キリッ)」



ガイジ「……そ、そんなこと言うなや!確率がなんやねん!そんなんおもろないやろ!」



暇医「……じゃあ、来んなやボケ(ボソッ)」機械音がうるさくて客には聞こえてない(多分)



ガイジ「なんて!?」




暇医「とりあえず、上の人間呼びましょうか?(確率・統計学学びなおせボケ。)」



ガイジ「……ほな、ええわ。」





どうですか。やばくないですか。こんな客もいれば、オカルトに洗脳されて、店が当たりのタイミングを決めてるとか思ってる連中もいるんですよね。(基本的に遠隔操作はないです。バレたら1発で営業停止です。下手したら潰れます。それくらい今の規制は厳しいです。)






全ては機械に任された確率ゲームなのに、お祈りをして待つおじいちゃんもいます。おい、そこのババア!パチンコ台に十字架作んじゃねぇ!キリストもがっかりやぞ。まぁ、頭のおかしい客のお話はおいおいしていきましょう。パチンコをする客は基本的に病気です。





暇な医大生も、接客の時はニコニコ笑顔で話しかけてきたら「そうですね!そうですね!」しか言ってなかったです。機嫌悪そうなときは、「すみません。はい、すみません。(棒読み)」でした。音うるさすぎて何言ってるかほとんど、聞こえてませんし。






まぁ、こんなことを聞くと「じゃあ、絶対働きたくねぇよ!」って思いますよね。まぁまぁ、聞いてくださいよ。最後まで。ちゃんと考えて、勤務先を決めればメチャメチャ楽なんです。とりあえず簡潔に箇条書きでまとめてみますと……




・基本的に立ってるだけ。

・時給が悪くない。

源泉徴収に入らない。




この3点に凝縮されるんです。説明していきます。
まず、昔のパチ屋は玉運びとかあって力仕事が必要でしたが、今の時代は基本的に機械を使って計数してくれてます。なので、玉が詰まったりしたらちょっと対応するくらいで、パチンコは基本的に横から見てるだけです。ホールにパチンコ玉が積まれてなければ、その店は機械で計数してます。





スロットも計数システムはあるんですが、導入してる店としてない店があります。導入してないとこは、メダル補充をしにいかないとだめですが、それくらいしかすることはありません。あとは、ホールの掃除。ゴミ拾いくらいです。それとタバコの吸殻取りが主な仕事ですが、タバコの吸殻も自動回収してる店もあります。






そして、2020年の4月から禁煙になりますので、タバコの吸殻を集める仕事もなくなります。そうなると、ホントにやることがなくなります。まじです。ホントに暇です。だから、暇な医大生はメモ帳を持ち込んで、勉強しながらホールを巡回してます。勉強しながらお金が入る。しかも源泉徴収に入らない!これはでかい!(多分ほとんどのパチ屋がそうしてると思います。)






もし、バイトするならまずはその店に行ってみましょう。まず、台数が多いお店は絶対にやめましょう。ホールが広いところもやめるべきです。基本的に大手チェーンはしんどいのでやめましょう。目安として、200~250台くらいの店がメチャメチャラクです。あと、絶対確認すべきなのは、ホールに玉が積まれてるかそうじゃないか。玉の上げ下ろしは、メチャメチャしんどいらしいです。







週に2回ほどでも月に9万くらい手渡しでもらえるので、個人的には美味しいです。その代わり、たまにめんどくさい客がいます。しかし、基本的にはパチンコに夢中なので関わってきません。店員も基本的に中卒でロクな人間がいませんが、いい人もいます。暇な医大生は、店が潰れてしまったので、もうやってませんが、精神科医を目指す学生は是非とも働いて欲しいですね。ギャンブル依存症の勉強にりますよ。







というか、ポリクリ(病院実習)に入れるべきですよ。世の中にはこんな人間がいて、こういう連中を治療しないとダメなのか……という。いい勉強になりますよ。特に温室育ちの医大生にとっては。







⑨予備校講師(小規模予備校)
オススメ度★★★★☆

うーん。結局、これが一番いい。高時給だし。その代わり、教壇に立つとなると、相当実力がないと立たせてもらえないと思います。暇な医大生は物理と数学を教えてます。(メインは物理)基本的には採用試験があると思いますので、高得点をとる必要がありますね。





どういうところがいいですか?って言われるけど、メディカル系の予備校は学生講師を募集してるとこもあるから、そういうとこに応募するといいと思う。あと、メディカル系は時給が良い。まぁ、源泉徴収に入らないバイトとして、家庭教師もあるけど結構めんどくさいよね。(暇な医大生もやってたけど、今はやめました。)





なんで?って思うかもだけど、基本的に全科目見ないとダメなことが多いから。非常にめんどくさい。これが。やっぱり忘れていくよ。地理とか。古文も。物理だけとか数学だけとかなら、また再開してもいいかなぁって思うけど。(たまに問い合わせが来ますが……)






今回はここまで。次回は番外編!!







↓ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村




【雑談】オススメのバイトーPart2ー

どうも。暇な医大生です。





前回の続きです。まだご覧になってない方はコチラからどうぞ。↓あ、あとコメントで質問頂いてる分はちゃんと答えていきたいと思います。なるべく早く書くのでお時間頂けると嬉しいです。







ーお品書きー

①工事現場
②工場
③引越し屋
④ファミレスチェーン店
⑤新聞折り込み(配達ではない)
⑥コンビニ夜勤
⑦塾チューター(有名中学・高校受験塾)
⑧パチンコ屋
⑨予備校講師(小規模予備校)


ー番外編ー
ホストのキッチン
バーテンダー




⑤新聞折り込み
オススメ度★★★☆☆

これは、暇な医大生が高校2年生の冬の時にやった短期バイト。地方の新聞社だから、最低賃金。5日間くらいの正月前のバイトだ。しかし、非常に美味しかったのは手渡しであることだ。これは、今思うとなかなかアツい。確定申告に含めなくていい。3万くらいではあるが……。





しかも、友達と一緒に働いたのでメチャメチャ働きやすかった。永遠に喋りながらやっていた。仕事の内容は、新聞に広告を挟み込むだけ。メチャメチャ単純作業。友達と雑談しながらだったので、今思うと非常に迷惑が掛かっていたかもしれないが。





ちなみに、トイレが1つしかなく休憩時間が5分しかなかったので、暇医は駐車場で立ちションをしてしまった。我慢出来なかったのだ。もう、作業中もオシッコのことしか考えられなかった。放尿の瞬間は、まるで天にも昇る気持ちだった。そしたら……






ブーン(車の音)






なんと、社員が来たのだ。(たまたま)メチャメチャ怒られた。当たり前だ。社員が来た時は、綺麗な放物線を描いていたのだから。言い逃れは出来なかった。もう恥ずかしくて帰りたかった。





初日にとんでもないことをしてしまった。今ではいい思い出だが、当時はメチャメチャ凹んだ。やってしまった……。ほろ苦い思い出である。(どーせ、地方新聞社なんてそのうち潰れてらァ)なお、稼いだお金は参考書に使いました。






⑥コンビニバイト
オススメ度
★★★☆☆

これは、暇な医大生の体験談ではない。友達の話である。わざわざ紹介するのは、「深夜のコンビニバイトはクソ楽」だからだ。ただし、当たり前だが繁華街ではないところで、しかも、ちょっと駅から離れてるとこだ。住宅街なんかがオススメらしい。






住宅街のコンビニは、深夜には滅多に客が来ないので、勉強もできる。スマホもいじりたい放題。俺の友達に至っては、眠りに落ちてることもあるらしい。そして、揚げ物パーティーという祭りを夜な夜な1人でしているらしい。天ぷら粉があるので、店の廃棄を天ぷらにするパーティーらしい。こんなことが表沙汰になればヤバいだろう。






しかし、友達曰く「ちゃんと油を変えてる」とのこと。1人で美味しく頂いてるし、オーナーも知ってる。なんの問題もない。と言っていた。俺もやってみたい……と思ったが、昼夜逆転生活待ったナシとのこと。これは、私立文系の特権だと友達は言っていた……。






⑦塾のチューター

オススメ度★★☆☆☆


最初に塾でチューターをやり始めたのは、駅前とかにある個別指導塾みたいなとこだ。大手が展開しているようなとこで、社員1人。あとは大学生のバイト。まぁ、低学歴連中ばかり。関関同立でも賢い人扱いだ。世界を間違えたとはこのことだった。そして、何よりも社員がキモかった。





とにかく、キモかった。同じ高校出身だったらしいが、恥ずかしいので名乗らないで欲しかった。こんなとこで校舎長なんて、お前高校時代何してたん?って言ってやりたかったほどだ。生徒に怒鳴りつけるし、ホントにロクでもない連中だったなぁと。あと、バイトもアホすぎてイライラが止まらなかった。






「こんな連中の授業に年間100万も払ってるのか」と思うと、情報弱者の親に産まれた子供達は可哀想だなぁと痛感した。社員(校舎長)なかなかムカつく態度だったので、反論したら怒鳴られた。まぁ、そらそうだろう。俺はその時の髪色が信じられないくらい明るい色だったからだ。





その場で、「じゃあ辞めますわぁ」と言ってやめた。ついでに説教もしといた。「いい歳こいて、幼い生徒に怒鳴ってんじゃねぇよ」と。そして、バイト全員にも嫌われていることも。当時、グループラインでメンヘラ級の長文LINEでミスしたバイトをつるし上げたりしてやがったので、それも指摘しておいた。






最後の決めゼリフは、「これからは、〇〇卒とか言わないで欲しい。貴方のような人間と一緒にされると恥ずかしい」とまで言ってやった。ちなみに、私は中学時代に、その大手塾に通っていたので、恩師がたくさんいたし、上層部ともかなり親しかった。その校舎長は、おそらくチクられるのが怖かったのだろう。もちろんチクっておいた。あんな奴が、校舎長をしているなんて信じられない……と。






1ヶ月後、彼はどこか遠い所に、異動になったらしい。人脈っておそろしい……。とにかく、国公立医学部レベルの人間はそーいう大手の個別指導系は絶対にやめたほうがいい。世界が違いすぎて、お話にならない。ラクだからいいやぁ〜と割り切れるならいいが、アホすぎてお話にならない生徒にイライラするであろう。






勉強しないのが当たり前の生徒しかいない。社員もアホ。周りのバイトもFラン。ストレスは、お肌によくない。健康的な生活を送るためにも、やめておいたほうがいい。どうしても気になるなら1度働いてみたらいい。暇な医大生の言っていることが身に染みて分かるはずだ。時給も安い。1000円くらいだ。






自分が今までやってきた勉強が、こんなちょっとの金にしかならないのか?って思うと絶望するハズ。割り切れるならホントにラクな仕事だと思う。座って、ガキと話すだけだから。ほんとに楽だよ〜。ま、半ズボン履いてきたバイトにブチギレるような社員が全て台無しにするんだけど……。






本日はここまで。続きはまた書きます。






↓ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村




【雑談】オススメのバイトーPart1ー

どうも。暇な医大生です。





コメントが来たので記事にします。↓
(かえるさん。ありがとうございます。)





まず、暇な医大生が今までしてきたアルバイトの一覧を書きましょう。多分、その辺の人達より多いと思います。ということは、飽きやすく、長続きしない人間性を反映してることにもなります。楽して勉強しながら稼げるバイトを見つけるのはなかなか大切ですよね。人生の時間は有限ですから。




ーお品書きー

①工事現場
②工場
③引越し屋
④ファミレスチェーン店
⑤新聞折り込み(配達ではない)
⑥コンビニ夜勤
⑦塾チューター(有名中学・高校受験塾)
⑧パチンコ屋
⑨予備校講師(小規模予備校)


ー番外編ー
ホストのキッチン
バーテンダー




順番に見ていこうと思います。

①工事現場
オススメ度★☆☆☆☆


これは、暇な医大生が中学三年生のとき。当時はヤンキー達と仲が良かったので、みんなで解体屋のバイトをしていた。友達の叔父さんが解体屋の社長だったから。時給は850円。1日に9時間程。中学三年生の暇医からしたら結構な額だったので、美味しかったが、これはそもそも法律違反。アウト。





もちろんであるが、DQNばかり。とんでもない連中ばかり。解体屋の仕事は、基本的に家をハンマーでぶっ壊して、最後はショベルカーみたいなので、破壊していく作業。頭は一切使わないのでバカでも出来る。よく、コンビニで10人ほど頭の悪そうな作業着の連中がたむろしていることがあると思う。あーいう連中だ。






暇な医大生が勉強を覚悟したのは、このバイトをして勉強をしてない人間がどういう人生を歩むことになるのかを目の当たりにしたからだと思う。失礼を承知で言ってるが、こんな所で人生を終えたくない……。そう思うと安い授業料だったのではないかと思う。






②工場
オススメ度☆☆☆☆☆


工場勤務は恐ろしい。繰り返される単純作業。暇な医大生は、永遠にダンボールを組み立てる作業をやらされた。8時間もだ。8時間だよ?頭がおかしくなりそうだった。(もともとおかしい)





しかも、ペアを組まされるのだ。全く知らない人。というか、作業着で目しか見えないから、男か女かもよく分からない。暇な医大生はペアに話しかけたら、外国人だった……。おそらく、フィリピン人だったかな。





8時間、全く知らな人とダンボールを永遠に組み立てる。しかも、フィリピン人。英語は話せない。日本の闇を感じた。日本はこうやって回っているんだ……。と。ちなみに、チョコレート工場だった。どこの会社かは忘れました。時給は、900円。一生やりません。みんなも、絶対やめた方がいいよ。1日でとびました。





③引越し屋
オススメ度★★☆☆☆


まず最初に言っておくが、引越し屋のバイトの鉄則は、引越し屋に直接応募するのではなく、派遣会社経由で応募しましょう。時給が400円くらい変わってきます。これはかなり大きい。派遣会社的にも引越し屋のバイトはなかなか回しにくい案件(力作業だから、みんな敬遠する)なのですわ。それで、他の仕事より時給あげてんのかな。





そして、引越し屋は企業によって社員のレベルが全然違う。ア〇ト引越しセンター、ありさんマ〇クの引越し社は基本的にゴミみたいな人間しかない。解体屋の兄ちゃんくらい、タチが悪いし、頭も悪い。




引越し屋「おい、お前。今から手本見せてやるから見とけよ。ちゃんと。」

暇医「うっす!」

〜30秒後〜

引越し屋「おい!てめぇ、なにそこで立ってんだよ!動けや!!ガシャン!(ダンボールを投げる音)」

暇医「え……(あんた、頭の中に消しゴム入ってんの?)」





どうだろか。こんな連中とバイトなんて死んでもしたくない。ダンボールを投げてくるし、客の荷物も普通に蹴るし、投げる。こんな会社に引越しは頼まないでおこう……と心に強く誓った。





しかし、日通は非常に社員のレベルがさっきの連中と比べるとマシである。しかも、移動時間が多いときはその時間も時給が入るし、残業代もつく。残業は25%アップで、1日で16000円とかいく日もあったし。注意したいのは、あくまでも力仕事。次の日の筋肉痛は半端じゃない。





個人的には、浪人が決まった受験生にオススメしたい。精神と肉体は一体である。己の肉体と精神を鍛え、浪人生活に弾みをつけよう。(勉強しないと、こんな連中と仕事しないといけないんだな……と痛感しよう!)





④ファミレスバイト
オススメ度★☆☆☆☆


あの緑色のチェーン店である。とにかく、客のレベルが低い。数年前は、喫煙可だったので、特に。最近はマシになったらしい。食い方の汚い低所得層の人間が多い。ピザカッターで顔面をカットしてやりたくなることが何度もあった。時給は900円くらいだった。





仕事の内容は、そこまで覚えるのに苦労しないと思う。しかし、基本的に接客業。接客業は、客のレベルを見て判断するのが1番いい。あとは、立地。できる限り人が少ない所にしよう。新宿とか渋谷のファミレスとか最悪だよ。1週間でやめました。





続きはまた書きますね。





ー追記ー
ホントに稼いでんのかよ!?学費払ってんのかよ!?ってコメントも来てたので、あんまりしたくないですが、後期の学費を納める時に撮った写真でも載せておきます。(汚いからこんなことしたくない)
なんか、Twitterによくいる起業系アカウントのツイートで使われてそうですが。笑







28万くらいです。安そうに見えますが、いざ、自分でこれだけの札束を目の当たりにすると、高ぇ!!ってなります。国の役人さん。タダにしてくれよな!そして、親に学費払ってもらってる人は感謝しろよな!稼ぐのは大変なんだぞ!!!浪人したら駿台・河合でもこれの4倍はかかるんやぞ!!勉強頑張れよ!!!






↓ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村




【雑談】医学部はやめとけ。

どうも、暇な医大生です。





タイトル通りです。医学部はやめておきましょう。よくその辺に転がってる「勉強が大変」とかそういう話をしたいのではありません。シンプルに、お金を稼ぎたいとか、安定を求めて……だと、非常にコスパが悪い。それをデータに基づいてお話したいと思います。





現在の日本の状況からお話しましょう。過疎地域は非常に医師不足なのとは対極的に、都心部はそれなりに医者が多い状況にあります。とは言っても、供給人数が需要人数を下回っている状況です。(すなわち、患者さんの方が医師より多い状況。)





厚生労働省の読みでは、2028年には需要人数と供給人数の均衡が取れるくらいになるとのことです。ということは、今年入学した人達がちょうど研修医くらいのときです。どんなに時間がかかっても、2035年には均衡状態を迎えるとのことなので、完全に新人の時期ですね。





現在の国民医療費は、いくらくらいに計上されると思いますか?これは戦後から急激に増加しており、現在も増加の一途を辿っています。なんと、40兆円ですよ。これは日本のGDPの10%程を占めます。






40兆円産業と考えると美味しいかもしれません。しかしですね、これがいつ破綻するかです。ハッキリ言って、国の補助がどこまで効くのかです。これ以上増えるのも目に見えて分かっています。しかし、医療費に国家予算の大半を割くのは国としても避けたいでしょう。(分かりませんが)






兎にも角にも、今から15年もすれば医者が余る状況になるわけです。今の歯医者さんと同じです。コンビニの数くらい病院ができるかもしれません。ということは、医者の間での競走が現在よりもより一層激しくなります。ハッキリ言って、自由診療美容外科くらいでしょう。このお医者さんだから……と来てもらえるのは。






普通に風邪をひいて、この先生じゃないと嫌だ!なんて人は少ないと思います。患者が医者を選べる時代が到来するわけです。暇医は幸運なことに、飽和時期には1番脂の乗った医者になっていますので、助かりそうです。と言っても、美容外科なので関係ないですが。





さてさて、ということはですよ。今年や来年とかじゃなくて、5年後とか大学受験を迎える子達は安定を求めて医学部受験なんて、すべきではないです。メチャメチャ勉強して、年収800万とかコスパ悪すぎです。おそらく「医学部偏重受験生」が減るんじゃないかなと。現に減り始めてますね。今年の受験をピークにこれから減っていくでしょう。






ホントに医者になりたいならいいですよ。お金関係ありませんもんね。でも、そんな奴ほとんどいないんっすよ。私だって、それなりの生活が保証されるから医師免許が欲しいんですもん。もっと言うと、他にやりたいことがあるから、医師免許で資金を貯めるためですもん。






お金を稼ぐだけなら、わざわざ医者になる必要はないんですよ。私もまだ、学生ですが月に30万以上は稼いでますし、学費も自分で払ってますし。サラリーマンになったとしても、営業が上手かどうかによって出世が決まりますよね。医者になると、最低限の生活が保証される(しかも比較的高水準)から、みんな行きたいんですよね。






しかしですねぇ、医学部に入れるだけの勉強ができたなら、正直なところ早稲田とか慶応に行ってから、商社にでも務めたらそれなりにいきますよ。医者ほどはもらえないかもですけど。トントンの所もあるかもですね。医者よりもらえる所もたくさんあると思います。






結局、何が言いたいかって言うと、これからの時代(10年後とか)は安定のために医者になるのはコスパが悪いってことです。それに、お金を稼ぐためだけだったら、自分で頭使ってビジネスした方が儲かるよって話。ただ、医者になると、お金は貯まるから数年以内に入学しておきたいですよね。ってお話です。






だから、今受験勉強してる人はなるべく早くキメてしまいましょう。特に、頭を使ってお金を稼ぐ能力に乏しい人は。ルーティンワークで時給10000円のお仕事(医者のバイト)なんて、そういう人達にはメチャメチャ美味しいですよねぇ。




↓ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村




【受験体験録】中卒予定から医学生へーPart13ー

どうも。暇な医大生です。






久しぶりのブログ更新です。もう、ブログ辞めようかなぁと思ったんですが、なんと私の受験録の続きを待ってくれている人からのコメントが散見されたので。戻ってきました。待たせてしまってほんとに申し訳ありません。自分の人生が誰かの役に立ったりとか、勇気を与えてるなんて思いもしませんでしたから。(ちょっと大袈裟ですかね。)






ハッキリ言って、人様にお披露目できるような人生を送ってきた訳では無いのですよ。そりゃあ、小学校の頃から勉強してですね、中高一貫校に行ってですね、そのまま現役で理IIIとか行ってみたかったですよ。笑






しかしまぁ、人生というのは自分にしか歩めないかけがえないのもでもありますので、どんな環境であろうと産まれてきた事に感謝なのかもしれません。(もちろん、暇医だって「誰も産んでくれなんて頼んでねぇよ」なんてセリフ吐いていた時期もありましたよ。)受験生の皆さんもやりたいことやってください。納得のいくまで受験勉強してもいいですし、ある程度見切りをつけて大学に行くのもいいと思います。






さて、雑談はこの程度にして、前回からの続きを書きたいと思います。毎度ながら、まだ見てない方や忘れた方は是非ともコチラ↓からご覧ください。







私もどこまで書いたか忘れたので読み返したのですが、随分と恥ずかしいことを書いてますね。しかしですね、聞いてください。特に中高一貫校に通っている方や育ちのいい方。世の中にはとんでもない「おバカさん」がたくさんいます。我々の予想を遥かに越えてきます。見下すのは良くないのかもしれませんが、暇医はひねくれているのでそんな道徳心など持ち合わせていません。






暇医の言いたいことは、環境というものが人生を1番大きく左右する可能性があるということなんですね。






1番と決めつけるのは良くないのかもしれませんが。少なくとも環境はメチャメチャ大切です。そんなの分かってるよ!って思いますよね。じゃあ質問です。





貴方は今の環境に不平不満を言っていませんか。




「今の」じゃなくて「過去の」でもいいです。
今まで、周りのせいにしたり、環境のせいにしたりしたことあるでしょう。人間というのは、自分に責任を押し付けるのは非常にストレスフルで、耐え難いことなんです。





もうひとつ質問です。





文句を言う前により良い環境を求めて努力をしていますか。





してるなら結構です。多分してないでしょう。恐らく高校の先生がどーだの。授業が分かりにくいだの。言ってることがあーだの。こーだの。Twitterでもよく見かけます。「うちの高校は自称進学校だから」とか「自称進学校あるある」とか。





1つ言わせてもらうと、そんな高校にしか行けなかったお前が悪いことを認識して頂きたい。現在は過去の投影。すなわち、過去の自分の行動によって支配されてるんですから。全部あなたの責任です。






文句やネタツイしてる暇あったら、大学でも同じような不平不満を言わなくて済むように少しは勉強して、その脳みそを少しでも活性化してください。どーせ、大学に行っても同じこと言ってますよ。そーいう連中は。





より良い環境を求めるために努力をしてるわけでもないのに、現状の環境に文句を言うな。身から出た錆。






なんでこんな話したかと言うと。私が通った高校は全国でも非常に有名な進学校でした。高校受験組は、各地域の公立中学でトップだった連中が集結し、内部進学組は東大・京大・医学部受験が当たり前。そんな学校でした。(特定しないでね。笑)






そこで思い知ったワケですよ。環境ってホントに大事だなって。勉強するのが当たり前の環境だったわけです。と言っても、休み時間まで勉強に費やしてるのは暇医くらいでしたが。自分の中で当たり前の感覚を上げてくことが大切なんですけど、良い環境にいると自然に上がります。これが最大のメリットです。






学校の授業が分かりにくいなら、予備校に行けばいいじゃないか。お金がない?だからと言って、親が払ってくれないのを言い訳にするのはどうかと思う。そもそも勉強ってのは贅沢なんだから。お金が払えないなら、参考書か何かで代用するしかない。それで頑張ればいいんじゃない。






暇医はそんなに親に払ってもらえなかったから、特待生もらったよ。いい成績をとればいいだけ。でも、高校生の時何度も思ったよねぇ。「世の中、金だなぁ。」って。お金を払えばこんなに素晴らしい授業が受けれるのか……。って。好きなだけ予備校の授業を受けれる連中が羨ましかったよ。だから、受けれないのは参考書で代用して何とか勉強した。






でも、これだけは言っておきたい。予備校には行ける財力があるなら、行った方がいいし、いい先生の授業を受けるためにはいくらお金を払ってでも受けるべき。暇医にとっては、物理の苑田先生(東進)とか現代文の林先生(東進)とか、数学の杉山先生(駿台)とかだったかな。






よく、地方を言い訳にしてる受験生を見るけど、今の時代学研プライムだったり東進衛星予備校があるんだからそんなもの単なる自己責任回避にすぎないよ。大学側はそんな配慮してくれないって分かってんだから、わざわざ傷を舐めてもらうような発言はやめた方がいい。暇医が「いやぁ、中学の時周りがヤンキーばっかりで、勉強の雰囲気じゃなくて……」とか言い訳してたらどう思います?私だったらメチャメチャこき下ろしますけど。







さて、当時のお話に移ります。高校入学当初にとりあえず数学Ⅰ・Aを東進の高校対応数学みたいなやつで勉強しました。結構良かったです。75000円も払う価値があるか?と聞かれたら人それぞれでしょうけど。私は授業が始まる前に一通り学習しておきたかったので。私には価値があったと思います。






その授業を受けながらですね、学校から配られてた青チャートをやっていました。難しそうな問題をやるのではなくて、その授業で扱ったのに類似した問題をやりましたね。春休みくらいには、一通り解きました。繰り返しになりますが、exerciseや難しそうな問題はやってませんよ。別にこれは青チャートだろうが、ほかの参考書だろうがなんでもいいと思います。初歩なので。






そして、その後にセンター模試を自分で解いてみたところ、得点が70点くらいでした。高校入試が終わって、1ヶ月半。毎日8時間くらいは数学Ⅰ・Aの学習に割いていました。この時は、案外いけるもんだなぁ。と思いましたし、何より三角比の問題が解けるようになったことにすごい喜んだのを今でも覚えています。






高校1年生の1学期は、基本的に数学Ⅰ・Aの学習に時間を割いていました。春休みにやった事を復習しつつ、青チャートの難しそうな問題もトライしてみたり程度です。今も思うと、分からなかったら、わりかしスグに答えを見ていた記憶があります。昔の自分に会えるなら、白チャートで頭を殴ってやりたいですね。これが、あとあと数学の偏差値70の壁がなかなか破れない大きな原因だったと知るのはまだまだ先のことです。







英語に関してですが、正直何やったらいいのか分かりませんでした。そこでネットで調べてネクステージがいい的なことが書いてあったので、本屋さんで買ってやってました。これは私の人生の中でもトップ3に入る過ちの1つなんですが。しかしですね、駿台に某竹岡先生という英語の先生がいまして。その先生の授業を受けた時に、ネクステージをボロカスにこき下ろされて。私もなんだか伸びてる気がしなかったので、そっとゴミ箱に捨てました。






単語帳もターゲットをやっていたのですが、もう全然覚えられなくて。そこで、竹岡氏が語源で覚えるといいよ。とアドバイスをくれて、ちゃっかり自分の書いた単語帳を勧めてきたので、それを買いました。この単語帳との出会いは暇医の人生を大きく変えましたね。大袈裟に聞こえるでしょう?ホントなんですよ。






ちなみに、弟は中学3年生まで落ちこぼれ(進学校の)でしたが、とりあえずその単語帳を渡したところ、いたく感動して、弟の人生までも変えてしまいました。ほんとにこんなことあるのか。というくらいに。まぁ、信じなくても結構です。まず、なんの勉強からしていいか分からない人は、数学Ⅰ・Aの勉強と英単語から始めたらいいと思いますよ。私の経験上。






化学に関しては、東進の橋爪先生がホントによかった。(今は学研プライムですかね)学校で配布されたリードアルファをやりながら、予備校の授業をしっかり受けていた感じですかね。物理はもう、とりあえず公式。公式。公式。だって、苑田先生に出会ってなかったんですもん。仕方ないでしょ。






そんな感じで、高校1年生の1学期は過ごしてましたかねぇ。ちなみに、暇医は休み時間も勉強しておりましたし、定期テストが終わっても、カラオケなどに行かずに予備校に行っておりましたよ。次は、定期テストについての見解を述べながら、暇医の高校1年生1学期の定期テストはどうだったのかをツラツラと書いていきたいと思います。






いやぁ、ホントに何が言いたいか伝わってるか不安です……。(文章書くのが下手くそ……。)






ー追記ー


暇医もネットで見た情報を鵜呑みにして、痛い目にあったように(ネクステージのお話)、情報の扱い方というのは経験値がモノをいいます。暇医が発信している情報ですら疑って欲しいです。(突っかかってくるのは勘弁。相手にするのめんどくさいし、時間もない。役に立たないと思ったらその情報は黙って捨ててくれ。)






世の中には、どうしようもない理想論だけで「第1志望受かります」だの「首席取ります」だの言ってる馬鹿な受験生が散見されます。もう、疲れたといいますか。そんな連中の治療は私にはできない気がしました。威勢のいい無能なバカほど相手にしたくない存在はいません。口だけの連中は相手にしたくないのです。時間の無駄。しかし、そーいう連中を応援したり、取り巻く連中が多いのも事実でしてね。なんだか、疲れてしまったのです。






しかし!!!!!





私のTwitterのフォロワー内にも、そしてフォロワーじゃない人達の中にも、しっかりと地に足をつけて勉強してる受験生がいるわけで。そんな君たちに頑張って欲しい。こんな、私の人生を読むだけで気分転換になるのだったら。このブログに来て、勉強のやる気が出るのだったら。そう思って戻って参りました。






最後に笑うのは、真面目にコツコツ。当たり前のことを当たり前にしてきた人達です。奇跡は起きません。起こすのを阻止しなくても大丈夫です。勝手に死んでますから。あと、ちょっとです。私も医学の勉強で忙しいのでなかなかブログの更新ができないですが、少しずつしていきますので。ホントに応援してます。あとちょっとですよ。




↓ポチっとお願い致します。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村